Blog

  • なぜ根の治療後に歯が痛いという方がいるでしょうか?

    まずは基本的なお話から。歯の中には「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。むし歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死(えし)したりしてしまうと、歯髄を取り除く「根管治療」が必要になります。傷んだ歯髄を除去して、根管の内部を清掃し...

    続きはこちら

  • 詰め物の下は・・・😭

    歯の治療は詰め物したからと言って終わりではありません!逆に詰め物をした部分こそ丁寧にブラッシングして、ケアしていく必要があります!!!こちらの写真↓↓↓大きな銀の詰め物。レントゲン写真です↓↓↓銀の詰め物はレントゲン写真では白く写っています。...

    続きはこちら

  • ラバーダム防湿

    治療の準備でラバーダム防湿というものがあります。薄いゴムのシートを使って、治療する歯に唾液が接しないようにする方法です。主に根管治療の時に用いますが、精密なう蝕除去やダイレクトボンディング(CR充填)にも大事です。根管治療では根管内に唾液...

    続きはこちら

  • セミナーのインストラクターしてきました!

    10月5・6日はセミナーのインストラクターのため、大阪のモリタへ行ってきました。朝早くに移動して、スライドを確認しながら朝ごはん!いつもセミナー中はパタパタと動き回っているので、自分たちの写真がありません(;_;)今回は隙をみて、写真を撮っ...

    続きはこちら

  • 歯髄をできる限り残したい!

    むし歯が進行すると、歯髄(歯の神経)が細菌により炎症を起こします。歯髄炎と言われる状態ですが、これには、可逆性(元に戻る)歯髄炎と不可逆性(元に戻らない)歯髄炎とがあります。不可逆性歯髄炎となってしまうと、歯髄が腐敗し、根尖の骨を傷めた...

    続きはこちら