Case

  • 根管治療の術前術後のX線写真

    症状 右下奥歯にむし歯がある
    治療法 根管治療、ファイバーコアとオールセラミックスクラウンを装着
    通院回数 治療回数2回 期間1週間程度

    症例の詳細を見に行く

  • 反対咬合をマウスピース プレオルソ

    症状 5歳女児 母親が反対咬合を気にされて来院
    治療法 プレオルソタイプ3を装着
    通院回数 1ヶ月半
    備考 前歯部だけの改善でなく、乳臼歯のかみ合わせも改善している。

    症例の詳細を見に行く

  • 正中離開をダイレクトボンディングした症例

    症状 20歳女性 前歯の隙間が気になる
    治療法 ダイレクトボンディング
    費用 129,600円
    通院回数 2回
    備考 欠けたり取れたりする可能性がある。その部分だけで硬い食べ物を咬まない。歯ぎしりがあれば夜間マウスピースが必要なこともある。

    症例の詳細を見に行く

  • 左上2番矮小歯をダイレクトボンディングで形態回復した症例

    症状 33歳 女性 すきっ歯が気になる
    治療法 ダイレクトボンディング
    費用 129,600円
    通院回数 2回
    備考 硬い食べ物をその部分だけで咬まないように。色の変化が次第にあるので定期的に研磨が必要である。

    症例の詳細を見に行く

  • MTAにて歯髄保護した症例

    症状 隣接面にう蝕を確認
    治療法 MTA覆髄治療
    費用 43,200円
    通院回数 通院2回 期間1〜2週間(その後ダイレクトボンディングなら2回ほど、ACなら3回ほどで歯の形態を回復させる)
    備考 術前の歯髄の状態が正常で、生活反応があることが条件。 術後、知覚過敏が発現するが、次第に軽減する。 知覚過敏が強くなったり、ズキズキ痛みが出る場合もあり、その場合には根管治療が必要となることもある。(当院で行なった症例の5%以下)

    症例の詳細を見に行く